オーディションに受かるには

タレント養成所は、芸能プロダクションや劇団が運営しているところも多く、メジャーデビューできるチャンスが多いのがメリットと言えます。ただ、そこに入所するにはオーディションを受ける必要がある場合があります。

タレント養成所のオーディションの流れとしては、まずは書類選考です。履歴書やプロフィールなどを送り、その中からその書類の情報だけで篩にかけられます。つまり、書類選考の時点で目立つ必要があるのです。自分の長所ややりたいこと、特技など自分をいかに知ってもらうかが重要な点と言えるでしょう。その書類選考に通れば、次は直接タレント養成所に赴き、面接と自己PRとなります。

面接や自己PRで心がけるべき点としては、書類以上の自己アピールです。書類だけでは伝わらない自分というものを、面接官にしっかりと伝える作業が必要です。実際にそこで特技を披露してもいいですし、将来の目標を明確にして、養成所で学びたいことなども具体的に話しましょう。面接官が知りたいことは、タレントとして活動できる能力を持っているかどうか、そして自己アピールの根拠、そしてその人がどういった人間なのかというこの3点です。この3点をしっかりアピールするために、事前に対策を充分に練っておく必要があります。大勢の中から選ばれるには、相当の準備と覚悟を持って臨むことが重要なのです。

タレント養成所のレッスン

タレントになるために、タレント養成所への入所を希望する人は多いものです。ではそのタレント養成所では、どのようなレッスンを行っているのでしょう。まず、視聴者に何かを伝えるためには、5割増し以上の大げさなリアクションをする必要があります。普段通りに喋っていても、視聴者には何も届きません。テレビではテレビ向きの表現方法があるのです。そして、その表現方法にもきちんとした基礎があるのです。ここを修得しなければ、画面を通してみると、とても地味で他の共演者に隠れてしまうことになってしまいます。

テレビに出るということは、特殊な力が必要となります。これを学ぶのがタレント養成所なのです。レッスン内容としては、基本中の基本である発声練習から始まります。腹式呼吸とよく言われますが、歌手と同じような発声をすることで、マイクの拾いもよく、視聴者も聞きやすくなるのです。

また、発声だけでは充分ではありません。ダンスなどで手足や表情を使って、しっかりと表現する能力も養わなければいけません。もちろん、演技のレッスンもありますので、幅広い活動に対応できる基礎と能力を身に付けることができるのです。タレント養成所は、メジャーデビューに際して、最低限の知識と技術を学ぶところなのです。

タレントへの第一歩

テレビを点けると、毎日のようにタレントを目にします。このタレントですが、バラエティ番組が主な出演場所となります。しかし、タレントには多才な人が多いため、ドラマや映画、CMなど活躍の幅が広い人が多いのも事実です。では、タレントになるためにはどのような手順を踏めばいいのでしょう。

何らかの活動をしていて、それがスカウトの目に留まれば、一気にメジャーデビューということも考えられます。しかしほとんどの場合、下積みを経て、それが認められた場合にチャンスを与えられることになるのです。このチャンスをしっかりと自分のものにするためには、日頃の努力が重要となってきます。

そこで、タレント志望の人の多くは、タレント養成所でレッスンを受け、実力をつけていき、来るべき日に備えているのです。ただ、タレント志望の人は、全国に何千人、何万人といるでしょう。その中からタレント養成所に入所できる人も限られてきます。そのため、タレント養成所では、入所に際し、オーディションを催しているところもあるのです。タレント養成所は、芸能プロダクションが運営しているところも多く、チャンスも期待できるため、志望する人も多いのが実情です。オーディションに受かることが、最初の関門となるのです。

タレント養成所とオーディション

最近では俳優などもバラエティ番組に出演することが多くなりました。しかし、バラエティ番組の中心と言えば、やはりタレントと呼ばれる職業の人たちです。場を盛り上げ、視聴者に笑顔を届けるこのタレントですが、実際にテレビで活躍できるのは、ほんの一握りの人たちだけなのです。では、このタレントになるにはどのような方法があるのでしょう。

タレントになるためには、タレント養成所に入所する方法が最も現実的で確実な方法と言えます。タレント養成所では、タレントになるための基礎をしっかり学べます。例えば、発声です。普段、友達と話しているようなトーンでは、テレビで通用しません。滑舌も含め、テレビに出るためには絶対に身に付けておくべきものなのです。次に、表現力を修得するために、ダンスや演技指導のレッスンもあります。身体を動かしたり、表情で伝えるシーンも多いため、こういったレッスンもタレントとして必須の条件となるのです。

さて、タレントになるためにはタレント養成所へ入所するのが近道となりますが、タレント養成所に入るにはオーディションが必要な場合があります。なにしろ、タレント志望の数は多く、養成所もそれらを全て受け入れることはできません。そこでオーディションを行って、人員を絞っていくことになるのです。オーディションは書類選考や面接、自己PRなどが主体となります。ここで自分の能力や特技、将来の目標などをしっかりとアピールしてください。このサイトはオーディションを開催しているタレント養成所について説明します。