オーディションに受かるには

タレント養成所は、芸能プロダクションや劇団が運営しているところも多く、メジャーデビューできるチャンスが多いのがメリットと言えます。ただ、そこに入所するにはオーディションを受ける必要がある場合があります。

タレント養成所のオーディションの流れとしては、まずは書類選考です。履歴書やプロフィールなどを送り、その中からその書類の情報だけで篩にかけられます。つまり、書類選考の時点で目立つ必要があるのです。自分の長所ややりたいこと、特技など自分をいかに知ってもらうかが重要な点と言えるでしょう。その書類選考に通れば、次は直接タレント養成所に赴き、面接と自己PRとなります。

面接や自己PRで心がけるべき点としては、書類以上の自己アピールです。書類だけでは伝わらない自分というものを、面接官にしっかりと伝える作業が必要です。実際にそこで特技を披露してもいいですし、将来の目標を明確にして、養成所で学びたいことなども具体的に話しましょう。面接官が知りたいことは、タレントとして活動できる能力を持っているかどうか、そして自己アピールの根拠、そしてその人がどういった人間なのかというこの3点です。この3点をしっかりアピールするために、事前に対策を充分に練っておく必要があります。大勢の中から選ばれるには、相当の準備と覚悟を持って臨むことが重要なのです。